岡崎エリアの天気

今日07/04(土)
現在の気温24.33℃

お知らせ

2020.01.27

「岡崎コンシェルジュ」サイトリニューアル業務事業者募集要領

「岡崎コンシェルジュ」サイトリニューアル業務事業者募集要領

1 業務の概要
⑴ 事業名
「岡崎コンシェルジュ」サイトリニューアル業務

⑵ 目的
本要領は,「岡崎コンシェルジュ」サイトリニューアル業務について,当該業務の履行が可能な受注候補者を選定するために,調達方法や選定を受け,調達方法や選定方法に関し,必要な事項を定めるものとする。
現在,公開・運用されている「岡崎コンシェルジュ」は,パソコン向けとスマートフォン向けサイトが,別途,運用されている。本業務では,こうした現状を合理化するために,パソコン・スマートフォンの両方から閲覧できる統合サイトを構築するとともに,サイト利用者の利便性向上を念頭に置いた情報分類,サイトデザインの見直し,外部からの攻撃に対するセキュリティ対策の強化を図る。併せて,新サイトへの移行と移行後のサイトの運営及び保守管理を行う。

⑶ 業務内容
「岡崎コンシェルジュ」サイトリニューアル業務委託仕様書のとおりとする。

⑷ 契約期間
契約締結日から令和7年3月31日まで
ア 新サイト構築・移行業務の実施期間
契約締結日から令和2年3月31日まで
イ 運営・保守管理期間
令和2年4月1日から令和7年3月31日まで

⑸ 契約上限額
ア 新サイト移行業務
1,000,000円(消費税及び地方消費税を含む)
※見積金額が上限金額を超える場合は失格とする。
イ 運営・保守管理
運営・保守管理に係る一切の経費は,事業者の負担とする。
ただし,ウェブサイトに設置する広告から得られる収入は事業者の収入とする。

2 参加資格
応募資格を有する者は,次に掲げる要件のいずれにも該当しない者とします。
⑴ 国又は地方公共団体及びその他の公共団体,これに類する公益法人・民間団体等において,本件に類似する業務を受注した実績を有し,業務手法に精通していること
⑵ 現に,京都市 から競争入札参加停止の措置を受けていないこと
⑶ 国税及び地方税を滞納していないこと
⑷ 会社更生法, 民事再生法等による手続きを行っている法人等ではないこと

3 応募手続き
本件に応募する場合は,次のとおり提案書等を提出してください 。
⑴ 提出書類
以下の書類を,各5部提出してください。(様式はいずれも任意)
・企画提案書
・経費内訳書 ※必要経費と広告料収入を分けて記載すること。
・工程表
⑵ 提出期限
令和2年2月7日(金)午後5時まで
⑶ 提出先 及び提出方法
後記「8 問合せ先及び提出先」に持参してください。
⑷ 留意事項
提出書類の作成,提出に係る費用は,すべて提案者の負担とします。
提出書類に虚偽があった場合は失格とします。
提出された書類は,事業者の選定以外には,提案者に無断で使用しません。
ただし,提案の内容について,京都岡崎魅力づくり推進協議会の事業実施において今後の参考とすることがあります。
提出された書類は,受託候補者の選定を行う作業に必要な範囲内において,複製を作成することがあります。
提出期限後の書類の差替え及び再提出は受け付けません。
提出された書類はすべて返却しません。

〇スケジュール
募集要領の公表 令和2年1月27日(月)
質問の受付締切 令和2年1月30日(水)午後5時
提案書提出期限 令和2年2月 7日(金)午後5時
選考結果の通知 令和2年2月14日(金)
契約締結  令和2年2月21日(金)
テスト運用開始 令和2年3月中旬
運用開始 令和2年4月1日(水)

4 問い合わせ
本件に関する問合せについては,以下のとおり受け付けます。
⑴ 質問方法
「8 問合せ先及び提出先」まで電子メール(様式は任意)で連絡
⑵ 質問期限
令和2年1月30 日(水)午後5時まで
上記期限終了後の質問は受け付けません。

5 事業者選定
⑴ ヒアリング
企画提案書等の内容について,書類提出後にヒアリングを実施します(質疑応答含め30分程度)。日時及び場所等の詳細は,別途連絡します。
⑵ 選考
企画提案書の内容,経費見積等により本協議会事務局で受託候補者の選考を行います。
⑶ 提案書の評価
別紙3のとおり。
⑷ 採用・不採用の通知
選考後,選考結果を全提案者に連絡します。選考結果に対しての異議申し立ては受け付けません 。

6 契約
契約は,選考の結果決定した受託候補者と京都岡崎魅力づくり推進協議会の間で詳細を交渉のうえ締結するものとしますが,この交渉の結果,企画 提案の一部を変更していただくことがあります。
なお,交渉が不調に終わった場合には,次点の事業者と交渉します。
契約金の支払については,業務完了の検査後(委託事業の終了後)です。

7 問合せ先及び提出先
京都岡崎魅力づくり推進協議会
(事務局 京都市総合企画局プロジェクト推進室 担当:松田)
住所:京都市中京区上本能寺前町488番地 京都市役所分庁舎地下1階
電 話:075-222-4178
FAX:075-213-0443
メール:matci638@city.kyoto.lg.jp

「岡崎コンシェルジュ」リニューアル業務委託仕様書

1事業概要
⑴ 事業名
「岡崎コンシェルジュ」リニューアル業務(以下「本業務」という)
⑵ 運用開始日
令和2年4月1日
⑶ 契約期間
ア システム構築
契約締結日から令和2年3月31日まで
イ 運営・保守管理
令和2年4月1日から令和7年3月31日まで
⑷ リニューアル方針
下記のリニューアル方針に基づいて本業務を実施すること。
岡崎地域の魅力・特色を内外へ効果的に発信できるウェブサイトであること。
利用者が必要とする情報に簡単にたどりつき,より多くの情報を提供できるウェブサイトであること。
将来的な拡張性の確保及び柔軟性の高いウェブサイトであること。WordPressはセキュリティ面で脆弱性が多く使用禁止とする。
⑸ 業務概要
主な業務項目は以下の通りとする。
・ CMS・システム・サーバ環境の導入・構築・設定
・ ウェブサイトの構造・運用設計およびデザイン 
・ コンテンツの企画立案・構築
・ 操作・運用マニュアルの提供
・ 操作研修
・ 保守管理
・ その他,独自提案
⑹ 対象ウェブサイト
岡崎コンシェルジュ(http://www.kyoto-okazaki.jp/)とする。

2 リニューアル業務
⑴ ウェブサイトの構築
ウェブサイトの設計方針は以下のとおりとし,現行の課題,リニューアルの目的や基本理念・方針等を勘案し,ユーザビリティに配慮したサイト設計を行うこと。
いつでも,だれでも利用できるウェブサイトの設計
目的とするコンテンツに,原則,最大5クリック程度でたどり着く階層構造とすること。
利用者にとっての使いやすさを優先し,カテゴリからコンテンツの内容が想像できるカテゴリ分類となるように設計を行うこと。
レスポンシブデザインとし,単一のファイル作成でパソコン,スマートフォンやタブレット端末等異なるデバイスに対して表示内容が最適な状態に変化すること。
⑵ デザイン
現行ウェブサイトの課題,リニューアルの目的等を分析し,最適と考えるデザインを提案すること。
⑶ テンプレートの作成
作成したデザインに基づき,コンテンツ作成・編集等を行うためのテンプレート設計,開発を行うこと。テンプレートは,変更や新規作成・追加が可能であること。管理可能なテンプレート数に上限がないこと。なお,定型的なテンプレートと委託元にて入力項目を自由に設定が可能なテンプレートも用意すること。
⑷ 視覚が弱い利用者への対応
文字を拡大する機能や文字を変更する機能を付与し,視覚が弱い方も利用しやすいものとすること。それらの機能はダウンロードやプラグイン導入を必要とせず,簡単な操作で利用できること。

3 サイト概要
以下の例示をはじめとする,現状のウェブサイトで実現している機能は原則として維持しながら,その他,利用者目線で「見やすい」「興味をひきやすい」サイトにすること。
⑴ イベント情報検索システムの構築
期日,地図,施設名,ジャンル別,フリーワード等,様々な条件から岡崎のイベント情報を検索できるシステム
⑵ 交通案内情報の充実
・ 公共交通(市バス・地下鉄・私鉄)情報とアクセス
⑶ サイトデザイン・レイアウトの刷新
・ スマートフォンやタブレットPC等からの閲覧にも適したつくりに修正
・ トップページには,新着情報やおすすめ情報をピックアップして表示

4 CMS仕様
ウェブサイトの維持管理を行うためのCMSを導入する。CMSを利用するユーザー,カテゴリ名及び階層構造,委託元組織情報,ページ生成用のCMSテンプレートを構築及び設定すること。なお,CMSに求める機能は,別紙「CMS機能要件一覧」に示す。
⑴ システム基本構成
公開サーバ,CMSサーバ及びバックアップ装置を含むすべての機器を委託元庁舎内に設置せず,インターネットデータセンター(以下,「IDC」という)において,ASP/SaaS方式で構築し,機器・ネットワーク回線等の維持管理等一切を受託事業者が行うものとする。
サーバ等システム運用に係る機器は,公的資格としてISO27001を取得しているIDCに設置すること。
ア 運用に関する問い合わせ窓口,障害受付窓口を用意すること。
イ システムのバージョンアップや機能の追加等に対応できる拡張性をもたせること。
ウ サーバダウン等トラブルが発生した場合でもサービス停止が生じないような措置を講じること。
エ 構築に当たっては十分なセキュリティ対策を講じること。
オ SSL暗号化通信に対応させること。なお,SSLの更新手続きについては受託者が責任を持って行うこと。
⑵ ウェブページの形式
生成されるウェブページは,原則として全て静的に生成されるウェブページとする。ただし,必要に応じて動的に生成されることが適当なウェブページを提案する場合は,別途委託元と協議の上決定する。また,更新内容は即時に反映できるような仕組みを取ること。なお,公開期間の設定時間は5分以内の単位での設定ができること。
⑶ 動作環境
庁内クライアント端末のブラウザからのみ利用可能で,専用ソフトウェアのインストールが不要なシステムであること。
なお,クライアント端末の環境は次のとおりである。
OS:Windows10以降
ブラウザ: Google Chrome・Firefox
⑷ セキュリティ
サーバについては,常に最新バージョンを維持してウィルス感染等を防止すること。
情報漏えい対策が十分にとられていること。
異常または障害が発見された際には,直ちに委託元へ連絡すること。
運用するサーバおよびアプリケーションは,SQLインジェクション,クロスサイトスクリプティング等の脆弱性がないこと。また,OSやアプリケーションにセキュリティホール等の脆弱性が発見された場合,早急にセキュリティパッチを適用するなど,一部の例外を除き,追加の費用なしに修補すること。
⑸ データセンター要件
本業務におけるサービスは,別紙「データセンター要件一覧」を満たしたデータセンターより提供すること。

5 職員支援要件
⑴ 操作マニュアルの作成
ア ウェブサイトを作成する際に一般的に必要となる知識,注意すべき事柄を説明するための運用マニュアルを作成すること。
イ CMSの操作方法について「運用マニュアル」及び「機能操作マニュアル」を作成すること。なお,特別な知識を持たない一般職員でも内容を見ただけで操作ができるよう,委託元ウェブサイトのキャプチャ画像を表示するなど,分かりやすい表現で記述された「機能操作マニュアル」とすること。
⑵ 職員研修の実施
導入時に操作研修を実施すること。
開催時期等については委託元と協議の上,柔軟に対応すること。

6 保守管理業務
⑴ 保守管理要件
ア 公開するウェブサイト及びCMSは24時間365日の稼動を原則とし,ハードウェア障害の早期発見・予防に努めること。
イ システムの安定的運用をはかるため,ソフトウェア,設備・機器,セキュリティに関して定期的な保守を行うこと。
ウ ソフトウェアに対してパッチ適用,バージョンアップを行うこと。
⑵ システム監視
ア システム監視ツールを活用して稼働監視を実施し,システムの可用性を確保すること。
イ 異常発生時には障害時対応マニュアルに基づき迅速に対応し,障害の局所化,システム停止の回避や停止時間の最短化に努めること。
ウ 具体的な監視項目は以下の通りとする。
・ ネットワーク稼働監視
・ ネットワーク負荷状況(トラフィック)
・ サーバの稼働監視
・ プロセス監視(OS系,アプリケーション系)
・ ログ監視
・ サーバの負荷監視(CPU,メモリ,ディスク)
エ サーバ及び運用管理端末のコンピュータウィルス対策や,本システムに対する不正アクセス等のチェックを常に実施するなど,万全なセキュリティ管理を行うこと。ウィルスや不正アクセスを検知した場合には,直ちに適切な対応を実施すること。
オ 不正侵入,障害を検知した場合はすみやかに報告し,対策を講じること。
カ 障害時の早期回復のため,1日1回以上バックアップを行うこと。
キ バックアップデータは日次1世代管理すること。
ク 計画停止の際は,やむを得ない場合を除き以下の3週間から1週間前までに連絡すること。
ケ セキュリティに関する理由などにより,それがシステムに与える影響が大きいと判断した場合には,システムの緊急停止を行い,すみやかに委託元に報告すること。
⑶ 障害対応
ア 障害に対して,予防,発生時の迅速な処理手順,再発防止のための方策などについて障害管理計画を作成し,安定的な稼働管理を行うこと。
イ 障害が発生した場合は,委託元に迅速に連絡するとともに,直ちに状況の把握を行い,障害箇所の特定,影響範囲の調査,即時対応,現状復帰すること。また,委託元が障害を発見した場合,電話,メールによる問い合わせに対応すること。
ウ データセンターにおいて障害の一時切り分けを実施すること。
エ 稼働診断,定期点検等により障害の予防を行うこと。
オ 障害対応履歴の集積・分析,障害原因の分析により再発防止を行うこと。
⑷ バージョンアップ対応
CMSに対して性能や品質強化,新たな機能の追加等,契約の範囲内において対応すること。
⑸ 広告
運営・保守管理に当たっては,管理経費に充てるため,ウェブサイトの価値を損なわない範囲で,バナー広告やGoogleアドセンス広告等を設置することができるものとする。
⑹ その他の提案
仕様書に記載はないが,他事例や今後の技術革新を見据え効果的な事由がある場合,提案すること。

7 納品
本業務完了後,速やかに下記の書類等を提出すること。紙媒体及び電子媒体(CD-ROM)を各1部納品すること。
・ デザイン設計書
・ 運用マニュアル
・ 機能操作マニュアル

8 検収
受託者は,業務完了後速やかに業務完了報告を行うこと。
委託元は納入日から10営業日以内に納品物の検査を行い,その結果不備が認められた場合,受託者は可能な限り速やかに不備を解消し,修正した成果物を再度納入すること。また,委託元は再度納入された成果物の検査を速やかに行う。

9 その他業務遂行の留意点
⑴ 再委託
作業工程の一部を再委託する場合は,あらかじめ委託元の同意を得るものとし,再委託先の行った作業の結果については,受託者が全責任を負うこと。
⑵ 守秘義務
個人情報,秘密と指定した事項および業務の履行に際し知り得た秘密(以下「秘密情報」という。)を第三者に漏らし,または目的外の用途に利用してはならない。契約終了後も同様とする。
⑶ 著作権
作成される成果物の著作権等の取り扱いは,次に定めるところによる。
ア サイト作成に関する一切の著作権は委託元に属するものとする。ただし,受託業者が開発したプログラム等がある場合は,その著作は受託業者に留保する。
イ 受託者は委託元に対し,著作者人格権を行使しないものとする。
⑷ 業務の非継続
受託者の事情により,受託業務を継続することができなくなった場合には,緊急に代替できるサイトおよび稼働環境を無償で提供するものとし,また,事業を継続するために必要な後継受託者及び後継システムへの移行について必要なサポートを行うこと。
⑸ その他
本仕様書に定めのない事項については,協議のうえ,決定する。

スポンサー・PR

200422 みやこめっせバナー(w275h72)