岡崎エリアの天気

今日
現在の気温10.94℃

岡崎エリアで開催されるイベント

カレンダーで検索するCalendar

2020年 12月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2

2020年 12月 4日のイベント一覧

【プレオープニングイベントCELEBRATING COLORS!】髙橋匡太による本館ライトアップ

東山を背景にした壮麗な帝冠様式、現存する国内最古の公立美術館建築である本館を、京都を拠点に歴史的建築や景観と連動した環境演出で知られる光のアーティスト髙橋匡太が、多彩な演出でライトアップします。

イベント翌日からは毎日ライトアップを実施!

建築の様式美を白色光で表現します。また、一定時間ごとに二十四節気で変化する演出を加えます。 (ライトアップは日没~午後10時)

CELEBRATING COLORS!

京都市京セラ美術館では、2020年3月21日のリニューアルオープンに先立ち、京都出身のアーティストを迎え、開館を祝うプレイベント「CELEBRATING COLORS!」を開催します。「どんな美術館になるんだろう?」「3月21日のオープンまで待ちきれない!」という思いを抱く来館者ひとりひとりが、「じぶんの色」を見つけながら、新しい美術館の息吹を感じていただけることを願っています。アートに触れて、感覚を開き、色とりどりの色彩を放つ美術館をお楽しみください。

期間 12/21(土)~12/31(木)
時間 日没~22:00
料金 無料
開催場所 京都市京セラ美術館
その他 特別協賛:京セラ株式会社
ホームページ https://kyotocity-kyocera.museum/event/20191221-2
お問い合わせ 京都市京セラ美術館 総務課
TEL:075-771-4107

2019/12/21(土)~ 2020/12/31(木)

京都市京セラ美術館開館記念展 京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編 -江戸から現代へ-:後期

江戸後期から現代にかけて、日本画の代表作家を中心に、同時代に活躍した工芸家や書家、明治期に登場した洋画家、彫刻家、版画家、さらには戦後の現代美術の新鋭作家を加えて、「京都の美術」の250年の歴史を彩った名品を三部構成で紹介します。

開催期間 11月10日(火)~ 12月6日(日)
時間 10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合、開館)
料金 一般1,600円 (1,400円)、2回券2,800円、大学・高校生1,200円 (1,000円)、中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
開催場所 本館 北回廊1、2階
お問合せ 075-771-4334
アクセス 地下鉄東西線「東山」駅から徒歩約8分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」、「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ

2020/11/10(火)~ 2020/12/6(日)

キュレトリアル・スタディズ14:須田国太郎 写実と真理の思索

京都洋画壇を代表する巨匠、須田国太郎には、美学者・美術史家としての側面もあります。
画家になるための勉強の一環として京都帝国大学哲学科に学んだ彼は、写実主義をめぐる思索を通じて自身の進むべき道を見定めたといえます。彼の思想の一部を振り返りながら、そのユニークな画業の流れを当館コレクションによりご覧いただきます。

開催期間 10月08日(木)~12月20日(日)※会期中に一部展示替えがあります
時間 9:30~17:00
※金・土は~20:00まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休)
料金 (当日)一般430円、大学生130円 (団体(20名以上))一般220円、大学生70円
※高校生以下・18歳未満および65歳以上、心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明書提示)
開催場所 京都国立近代美術館
お問合せ 075-761-4111
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

2020/10/08日(木)~2020/12/20(日)

展示「京都の美術250年の夢」関連コーナー

京都市京セラ美術館の展覧会をより深く味わえる本を展示しています。

開催日 9月25日(金)~12月27日(日)
時間 火曜~金曜9:30~19:00
土日祝9:30~17:00
閉館日 月曜(祝日の場合、翌平日休)、毎月第4木曜(祝日は開館)
料金 無料
お問合せ TEL:075-762-4655
アクセス 地下鉄「東山」駅から徒歩約10分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

2020/09/25(金)~2020/12/27(日)

世界のクリスマス絵本展

世界各国のクリスマスをテーマにした絵本の展示会。

開催期間 12月1日(火)~12月27日(日)
時間 9:30~17:00
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休み)
料金 無料
開催場所 kokoPlaza
(kokoka京都市国際交流会館2階)
お問合せ TEL:075-752-3010
WEB:https://www.kcif.or.jp
MAIL:office@kcif.or.jp
アクセス 地下鉄東西線「蹴上」下車2番出口より徒歩6分、市バス5・46・100号系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車徒歩10分

2020/12/01(火)~2020/12/27(日)

野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美

野村證券の創業者であり、一大金融財閥を築いた二代目・野村徳七は、“得庵”と号し、茶の湯は藪内流、能は観世流を嗜む近代数寄者のひとりでした。その得庵自身が京都別邸・碧雲荘にて行った「南遊記念茶会」、豊国神社で行った「豊秀舎・新席披露茶会」、光悦会で担当した「騎牛庵」での茶席の再現展示を行います。

開催日時 10月24日土〜12月13日日
10:00~16:30(入館は16:00まで)
料金 一般 800円/高大生 300円/中学生以下無料
開催場所 野村美術館
休館日 月曜日(11/23(月・祝)は開館、11/24(火)は休館)
お問合せ nomurams@nomura-museum.or.jp
075-751-0374
アクセス 地下鉄「蹴上」駅から徒歩約10分

2020/10/24(土)〜2020/12/13(日)

CONNECT⇄ ~芸術・身体・デザインをひらく~

この冬、障害者週間の時期に合わせて、アートを通して共生や多様性について考えるプロジェクト「CONNECT⇄」を岡崎公園一帯で開催します。
障害のあるなしに関わらず、さまざまな感性・特性を持つ人たちが芸術や文化、歴史に気軽にアクセスし、さらに参加した人たち同士がつながり合い、気づきを与え合う機会となることを目指して、美術館、劇場、図書館、動物園などが集まる京都の文化ゾーン・岡崎で、これらのユニークな施設がゆるやかにつながりながら、展示や参加型イベント、動画配信など、実際に会場に足を運んで楽しむものからWEB上で楽しめるものまで多彩なプログラムを実施します。
「つながる」ことの意味があらためて問われている今だからこそ、ひらかれた文化施設のあり方、多様な人たちが共に生きる社会のかたちについて、みんなで一緒に考えてみませんか。

実施ブログラム(一部)

〇アーティスト・大崎晴地氏による新作公開等(会場:京都国立近代美術館)
〇障害のあるアーティストによる作品展示(会場:京都市京セラ美術館)
〇Ontennaを利用して京都市動物園の音を楽しむオンラインワークショップ(要事前申込)
〇岡崎公園の魅力を伝える手話解説付き案内動画配信(CONNECT⇄ WEBサイトにて)
他にもさまざまなプログラムを実施します。詳細はCONNECT⇄ WEBサイトをご覧ください。

会期 12月3日(木)~20日(日)
会場 岡崎公園一帯
料金 入場無料
WEBサイト https://connect-art.jp/
主催 文化庁、京都国立近代美術館
共催 京都新聞
問い合わせ CONNECT⇄ 事務局(京都新聞COM事業局内)
075-255-9757(平日9時30分~17時30分)

2020/12/3(木)~2020/12/20(日)

スポンサー・PR

200422 みやこめっせバナー(w275h72)