岡崎エリアで開催されるイベント

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、掲載内容から変更されている場合があります。最新の情報は、各施設やイベント主催者にご確認ください。

条件で検索するSearch

ジャンル
条件
施設
条件を指定する

岡崎エリアの天気

今日
現在の気温5.74℃
103件ありました

CONNECT⇄ ~芸術・身体・デザインをひらく~

この冬、障害者週間の時期に合わせて、アートを通して共生や多様性について考えるプロジェクト「CONNECT⇄」を岡崎公園一帯で開催します。
障害のあるなしに関わらず、さまざまな感性・特性を持つ人たちが芸術や文化、歴史に気軽にアクセスし、さらに参加した人たち同士がつながり合い、気づきを与え合う機会となることを目指して、美術館、劇場、図書館、動物園などが集まる京都の文化ゾーン・岡崎で、これらのユニークな施設がゆるやかにつながりながら、展示や参加型イベント、動画配信など、実際に会場に足を運んで楽しむものからWEB上で楽しめるものまで多彩なプログラムを実施します。
「つながる」ことの意味があらためて問われている今だからこそ、ひらかれた文化施設のあり方、多様な人たちが共に生きる社会のかたちについて、みんなで一緒に考えてみませんか。

実施ブログラム(一部)

〇アーティスト・大崎晴地氏による新作公開等(会場:京都国立近代美術館)
〇障害のあるアーティストによる作品展示(会場:京都市京セラ美術館)
〇Ontennaを利用して京都市動物園の音を楽しむオンラインワークショップ(要事前申込)
〇岡崎公園の魅力を伝える手話解説付き案内動画配信(CONNECT⇄ WEBサイトにて)
他にもさまざまなプログラムを実施します。詳細はCONNECT⇄ WEBサイトをご覧ください。

会期 12月3日(木)~20日(日)
会場 岡崎公園一帯
料金 入場無料
WEBサイト https://connect-art.jp/
主催 文化庁、京都国立近代美術館
共催 京都新聞
問い合わせ CONNECT⇄ 事務局(京都新聞COM事業局内)
075-255-9757(平日9時30分~17時30分)

リニューアル記念企画 「工芸を分解してみる」

工芸は暮らしや文化のための道具として様々な要素を取り入れながら、時代とともに発展してきました。本展では、色、形、素材、技など工芸が持っている要素を基に「工芸」を分解。完成品から道具まで、品目を超えた展示に加え、実際に触れ、体感できる仕掛けなど、子どもから大人まで楽しめる展示となっています。この機会に、京都が世界に誇る伝統工芸の世界への第一歩を踏み出して見ませんか。

開催日時 12月19日(土)〜2021年1月24日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
料金 無料
開催場所 京都伝統産業ミュージアム
休館日 12/29〜1/3
お問合せ TEL:075-762-2670
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約8分、市バス「岡崎公園 ロームシアター京都・ みやこめっせ前」下車すぐ、市バス「東山二条・岡崎公園口」下車徒歩約2分

京都・時代祭館 十二十二

■プロジェクションマッピング(予定)
大晦日 21:00~26:00
元旦 日暮れ時~19:00
■振る舞い酒(予定)
大晦日 24:00~
元 旦 11:00~13:00~

年末年始営業時間(予定) 12月31日木 ①10:00~17:00 ②21:00~26:00
1月1日金(元旦) 9:00~19:00
1月2日土より通常営業:10:00~18:00
休館日 年中無休
お問合せ TEL:075-752-1022
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス5、46、32系統、京都岡崎ループ 「岡崎公園 美術館・平安神宮前」、「岡崎公園 ロームシアター京都・ みやこめっせ前」下車徒歩5分

野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美

野村證券の創業者であり、一大金融財閥を築いた二代目・野村徳七は、“得庵”と号し、茶の湯は藪内流、能は観世流を嗜む近代数寄者のひとりでした。その得庵自身が京都別邸・碧雲荘にて行った「南遊記念茶会」、豊国神社で行った「豊秀舎・新席披露茶会」、光悦会で担当した「騎牛庵」での茶席の再現展示を行います。

開催日時 10月24日土〜12月13日日
10:00~16:30(入館は16:00まで)
料金 一般 800円/高大生 300円/中学生以下無料
開催場所 野村美術館
休館日 月曜日(11/23(月・祝)は開館、11/24(火)は休館)
お問合せ nomurams@nomura-museum.or.jp
075-751-0374
アクセス 地下鉄「蹴上」駅から徒歩約10分

京都につながる 世界歴史都市絵本展 エジプト

世界歴史都市連盟の加盟都市がある国を絵本で紹介する展示会。
2月はエジプトに関する絵本や関連図書を紹介。

開催期間 2021年2月2日(火)~2月27日(土)
時間 9:30~17:00
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休み)
料金 無料
開催場所 kokoPlaza
(kokoka京都市国際交流会館2階)
お問合せ TEL:075-752-3010
WEB:https://www.kcif.or.jp
MAIL:office@kcif.or.jp
アクセス 地下鉄東西線「蹴上」下車2番出口より徒歩6分、市バス5・46・100号系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車徒歩10分

世界のクリスマス絵本展

世界各国のクリスマスをテーマにした絵本の展示会。

開催期間 12月1日(火)~12月27日(日)
時間 9:30~17:00
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休み)
料金 無料
開催場所 kokoPlaza
(kokoka京都市国際交流会館2階)
お問合せ TEL:075-752-3010
WEB:https://www.kcif.or.jp
MAIL:office@kcif.or.jp
アクセス 地下鉄東西線「蹴上」下車2番出口より徒歩6分、市バス5・46・100号系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車徒歩10分

台南市紹介展示

京都市と共に「世界歴史都市連盟」に加盟する、台湾の台南市を紹介する展示コーナー。同市の観光パンフレットや資料、写真など。

開催期間 11月1日(日)~11月28日(土)※休館日を除く
時間 9:30~17:00
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休み)
料金 無料
開催場所 kokoPlaza
(kokoka京都市国際交流会館2階)
お問合せ TEL:075-752-3010
WEB:https://www.kcif.or.jp
MAIL:office@kcif.or.jp
アクセス 地下鉄東西線「蹴上」下車2番出口より徒歩6分、市バス5・46・100号系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車徒歩10分

日本の色-吉岡幸雄の仕事と蒐集-

京都で江戸時代から続く染色工房の五代目当主、染織史家の吉岡幸雄氏。古来の文献をひもとき、伝世の染織遺品をはじめ古今東西の美術工芸を研究して伝統の色彩を求めました。各地に伝わる染料・素材・技術を訪ね、その保存と復興に努め、社寺の祭祀、古典文学などにみる色彩や装束の再現・復元にも力を尽くすも、昨秋、急逝。本展では、美への憧憬と本質を見極める眼、そしてあくなき探求心によって成し遂げられた仕事と蒐集の軌跡を紹介します。

開催期間 2021年1月5日(火)~4月11日(日)
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜(祝日の場合、翌日休)
料金 一般1,400円/学生1,100円
お問合せ TEL:075-752-5555
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス「東山二条・岡崎公園口」下車徒歩3分、市バス「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩約2分

細見コレクション-琳派と若冲-

日本美術史のほとんどすべての時代・分野を網羅する作品で構成される細見コレクション。中でも、圧倒的な人気を誇る「琳派」と「若冲」の作品は、見る者にときめきと驚きを与えてくれます。本展では、選りすぐりの琳派と伊藤若冲の作品を展示。あわせて豊かな表現力を持つ桃山陶芸志野と織部を紹介します。
コレクターに愛された作品と対峙し、そのエネルギーを感じ取ってください。

開催期間 9月12日(土)~12月20日(日)
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜(祝日の場合、翌日休)
料金 一般1,300円/学生1,000円
お問合せ TEL:075-752-5555
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス「東山二条・岡崎公園口」下車徒歩3分、市バス「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩約2分

展示「京都の美術250年の夢」関連コーナー

京都市京セラ美術館の展覧会をより深く味わえる本を展示しています。

開催日 9月25日(金)~12月27日(日)
時間 火曜~金曜9:30~19:00
土日祝9:30~17:00
閉館日 月曜(祝日の場合、翌平日休)、毎月第4木曜(祝日は開館)
料金 無料
お問合せ TEL:075-762-4655
アクセス 地下鉄「東山」駅から徒歩約10分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

ロームシアター京都 開館5周年記念事業

京都に「劇場文化をつくる」ことを目指し、2016年1月にオープンしたロームシアター京都は、早くも2021年1月に開館5周年を迎えます。そこで、2021年1月から3月までの期間に開催する、ロームシアター京都の自主事業を「開館5周年記念事業」として展開します。

開催期間 2021年1月10日(日)~3月28日(日)
時間 9:00~19:00(催しがある場合は終了まで)
休館日 年中無休
対象事業
①シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.4 「雅楽─現代舞踊との出会い」

日時:2021年1月10日(日) 14:00開演 会場:メインホール

②京都市交響楽団×石橋義正 パフォーマティブコンサート「火の鳥」

日時:2021年1月17日(日) 14:00開演 会場:メインホール

③第354回 市民寄席

日時:2021年1月24日(日) 13:30開演 会場:サウスホール

④レパートリーの創造 松田正隆作・演出『シーサイドタウン』

日時:2021年1月27日(水)~31(日) 会場:ノースホール

⑤KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 SPRING
⑥シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.3「人形浄瑠璃 文楽」
⑦ハンブルク・バレエ団「ベートーヴェン・プロジェクト」

詳しくはWEBサイトをご確認ください。
https://rohmtheatrekyoto.jp/program/

開催場所 ロームシアター京都
お問合せ 075-771-6051(代)
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス32,46系統、京都岡崎ループ「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ

分離派建築会100年 建築は芸術か?

大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトをもって現れた新星たちがいました。日本で最初の建築運動とされる分離派建築会です。大正9(1920)年、東京帝国大学建築学科の卒業をひかえた同期、石本喜久治、瀧澤真弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守によって結成され、その後、大内秀一郎、蔵田周忠、山口文象が加わり、昭和3(1928)年まで作品展と出版活動を展開しました。結成から100年目の2020年。本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品に よって、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返ります。分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。日本近代建築の歩みのなかで果たした彼らの役割を、新たな光のもとに明らかにしていきます。

開催期間 2021年1月6日(水)~3月7日(日)
時間 9:30~17:00
※金・土は~20:00まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休)
料金 (当日)一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円 (団体(20名以上))一般1,300円、大学生900円、高校生400円
※中学生以下、心身に障がいがある方とその付添者1名は無料(要証明書提示)
開催場所 京都国立近代美術館
お問合せ 075-761-4111
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

キュレトリアル・スタディズ14:須田国太郎 写実と真理の思索

京都洋画壇を代表する巨匠、須田国太郎には、美学者・美術史家としての側面もあります。
画家になるための勉強の一環として京都帝国大学哲学科に学んだ彼は、写実主義をめぐる思索を通じて自身の進むべき道を見定めたといえます。彼の思想の一部を振り返りながら、そのユニークな画業の流れを当館コレクションによりご覧いただきます。

開催期間 10月08日(木)~12月20日(日)※会期中に一部展示替えがあります
時間 9:30~17:00
※金・土は~20:00まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休)
料金 (当日)一般430円、大学生130円 (団体(20名以上))一般220円、大学生70円
※高校生以下・18歳未満および65歳以上、心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明書提示)
開催場所 京都国立近代美術館
お問合せ 075-761-4111
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

人間国宝 森口邦彦 友禅/デザイン-交差する自由へのまなざし

友禅の技法で人間国宝の認定を受けている森口邦彦。森口はパリで学んだグラフィック・デザインの思考と幾何学文様を大胆に組み合わせることで、伝統工芸の「友禅」に留まらない新しい創作の可能性を拓いてきました。着物制作から三越のショッピングバッグに代表されるデザインワークまで、森口の創作は、歴史的に積み重ねられてきた技と感性を出発点に社会に友禅・デザインを還元させるための実践であるといえます。本展では、友禅とデザイン、伝統と現代、東洋と西洋などが様々に交差して生まれる森口邦彦の創作活動の全貌をご紹介いたします。

開催期間 10月13日(火)~12月6日(日)
※会期中に一部展示替えがあります
時間 9:30~17:00
※金・土は~20:00まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休)
料金 (当日)一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円 (団体(20名以上))一般1,300円、大学生900円、高校生400円
※中学生以下、心身に障がいがある方とその付添者1名は無料(要証明書提示)
開催場所 京都国立近代美術館
お問合せ 075-761-4111
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

コレクションルーム

同館は開館以来、近代以降の「京都の美術」を収集してきました。現在までに、3700点を超える総合的なコレクション(日本画、洋画、彫刻、版画、工芸、書)を形成していますが、とくに明治から昭和にかけての京都画壇の作家たちによる作品群には、近代の日本画を代表する名品が揃い、自他ともに認める優れたコレクションとなっています。

開催期間 秋季:9月26日(土)~11月29日(日)
冬季:12月3日(木)~3月14日(日)
時間 10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合、開館)
料金 一般 京都市内在住の方 520円、京都市外在住の方 730円、団体(20名以上)620円
小中高生等 京都市内在住の方 無料、京都市外在住の方 300円、団体(20名以上)200円、小学生未満 無料
開催場所 本館 南回廊1階
お問合せ 075-771-4334
アクセス 地下鉄東西線「東山」駅から徒歩約8分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」、「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ

改組 新 第7回日展京都展

日本最大規模の総合公募展「日展」が、今年も京都で開催されます。日本画、洋画、彫刻、工芸、書の5部門にわたって、全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の作家による地元関係作品をご覧いただけます。 初冬の京都で、一流の芸術に触れてみてください。

開催期間 2020年12月19日(土)~2021年1月15日(金)
時間 10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合、開館)
料金 一般1,100円(900円)、大学・高校生700円(600円)
中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金
開催場所 本館 北回廊1、2階、南回廊2階
お問合せ 075-771-4334
アクセス 地下鉄東西線「東山」駅から徒歩約8分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」、「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ

スポンサー・PR

200422 みやこめっせバナー(w275h72)