岡崎エリアで開催されるイベント

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、掲載内容から変更されている場合があります。最新の情報は、各施設やイベント主催者にご確認ください。

条件で検索するSearch

ジャンル
条件
施設
条件 /要事前申込み
条件を指定する

岡崎エリアの天気

今日
現在の気温26.16℃
4件ありました

分離派建築会100年 建築は芸術か?

大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトをもって現れた新星たちがいました。日本で最初の建築運動とされる分離派建築会です。大正9(1920)年、東京帝国大学建築学科の卒業をひかえた同期、石本喜久治、瀧澤真弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守によって結成され、その後、大内秀一郎、蔵田周忠、山口文象が加わり、昭和3(1928)年まで作品展と出版活動を展開しました。結成から100年目の2020年。本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品に よって、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返ります。分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。日本近代建築の歩みのなかで果たした彼らの役割を、新たな光のもとに明らかにしていきます。

開催期間 2021年1月6日(水)~3月7日(日)
時間 9:30~17:00
※金・土は~20:00まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休)
料金 (当日)一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円 (団体(20名以上))一般1,300円、大学生900円、高校生400円
※中学生以下、心身に障がいがある方とその付添者1名は無料(要証明書提示)
開催場所 京都国立近代美術館
お問合せ 075-761-4111
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

キュレトリアル・スタディズ14:須田国太郎 写実と真理の思索

京都洋画壇を代表する巨匠、須田国太郎には、美学者・美術史家としての側面もあります。
画家になるための勉強の一環として京都帝国大学哲学科に学んだ彼は、写実主義をめぐる思索を通じて自身の進むべき道を見定めたといえます。彼の思想の一部を振り返りながら、そのユニークな画業の流れを当館コレクションによりご覧いただきます。

開催期間 10月08日(木)~12月20日(日)※会期中に一部展示替えがあります
時間 9:30~17:00
※金・土は~20:00まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休)
料金 (当日)一般430円、大学生130円 (団体(20名以上))一般220円、大学生70円
※高校生以下・18歳未満および65歳以上、心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明書提示)
開催場所 京都国立近代美術館
お問合せ 075-761-4111
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

人間国宝 森口邦彦 友禅/デザイン-交差する自由へのまなざし

友禅の技法で人間国宝の認定を受けている森口邦彦。森口はパリで学んだグラフィック・デザインの思考と幾何学文様を大胆に組み合わせることで、伝統工芸の「友禅」に留まらない新しい創作の可能性を拓いてきました。着物制作から三越のショッピングバッグに代表されるデザインワークまで、森口の創作は、歴史的に積み重ねられてきた技と感性を出発点に社会に友禅・デザインを還元させるための実践であるといえます。本展では、友禅とデザイン、伝統と現代、東洋と西洋などが様々に交差して生まれる森口邦彦の創作活動の全貌をご紹介いたします。

開催期間 10月13日(火)~12月6日(日)
※会期中に一部展示替えがあります
時間 9:30~17:00
※金・土は~20:00まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合、翌平日休)
料金 (当日)一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円 (団体(20名以上))一般1,300円、大学生900円、高校生400円
※中学生以下、心身に障がいがある方とその付添者1名は無料(要証明書提示)
開催場所 京都国立近代美術館
お問合せ 075-761-4111
アクセス 地下鉄「東山」から徒歩約10分、市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

チェコ・デザイン 100年の旅(臨時休館中)

芸術家アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が生まれ、またフランス絵画から影響を受けたチェコ・キュビズムと呼ばれる独自の様式を生み出したチェコ。さらに、アニメやおもちゃに至るまで、20世紀のチェコは世界を魅了する数々のデザインを生み出した国として知られています。しかし、その100年を振り返れば、戦争や占領そして政変といった刻々と変わる国家の情勢にデザイナーたちが翻弄された世紀でもありました。本展はチェコ・デザインの100年を、家具やプロダクト、ポスターなど、チェコ国立プラハ工芸美術館所蔵の作品を中心とした約250点の作品により紹介します。歴史軸に沿って紹介される作品は、チェコひいてはヨーロッパの情勢が20世紀のデザインに与えた影響の、一断面を示すものとなるでしょう。

期間 3/06(金)~05/10(日)
時間 9:30~17:00(入館は16:30まで
※ただし金曜日、土曜日は20:00まで開館
料金
  • 一般:1,400円(1,200円)
  • 大学生:1,000円(800円)
  • 高校生:500円(300円)
※( )内は前売りおよび20名以上の団体。
※中学生以下は無料。
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料
開催場所 京都国立近代美術館
休館日 *3/6(金)~3/16(月)は臨時休館いたします。
その他 主催:京都国立近代美術館、読売新聞社、チェコ国立プラハ工芸美術館
ホームページ https://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2019/436.html
お問い合わせ 京都国立近代美術館
TEL:075-761-4111

スポンサー・PR

200422 みやこめっせバナー(w275h72)
2
3
4
5
6
6