岡崎エリアで開催されるイベント

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、掲載内容から変更されている場合があります。最新の情報は、各施設やイベント主催者にご確認ください。

条件で検索するSearch

ジャンル
条件
施設
条件 /要事前申込み
条件を指定する

岡崎エリアの天気

今日
現在の気温10.42℃
2件ありました

開館60周年記念 走泥社再考 前衛陶芸が生まれた時代

1948年に八木一夫、叶哲夫、山田光、松井美介、鈴木治の5人で結成された走泥社は、その後、会員の入れ替わりを経ながら50年間にわたり日本の陶芸界を牽引してきました。しかし、50年という走泥社の活動期間全体を見渡した時、日本陶芸界におけるその重要性は特に前半期にあります。
本展は、走泥社結成25年となる1973年までを主な対象とし、走泥社と同時期に前衛陶芸運動を展開した四耕会の作品なども合わせて展示することで、日本の前衛陶芸が確立していくうえで中心的な役割を果たした走泥社の活動の意味を再検証するものです。

期間 2023年7月19日(水)~9月24日(日)
時間 10:00~18:00
企画展開催中の金曜日は~20:00まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)  
料金 未定
開催場所 京都国立近代美術館
ホームページ https://www.momak.go.jp/
Facebook https://www.facebook.com/momak.go.jp/
お問い合わせ TEL:075-761-4111
休館日 月曜(祝日の場合翌火曜日)

開館60周年記念 Re: スタートライン 1963-1970/2023 現代美術の動向展シリーズにみる美術館とアーティストの共感関係

「現代美術の動向」展は、京都国立近代美術館が開館した1963年から1970年まで毎年開催された、定点観測的なグループ展シリーズです。国公立の美術館がまだ少なかった1960年代当時、日本の現代美術の中堅・若手作家を紹介する展覧会として大きな注目を集めました。
全9回におよぶ「動向」展が取り上げた作家・作品は、素材や形式も実にさまざまです。
高度経済成長期を迎えた1960年代は、社会や人々の生活の変化を背景に、絵画や彫刻といった既成の区分の逸脱と、形式・素材の多様化が進み、美術の概念そのものを刷新する動きが活発化した時代でもありました。抽象絵画、ネオ・ダダ、ポップ、キネティック、コンセプチュアル、ハプニング、もの派など、今日の「現代美術」の表現言語の多くは、まさにこの時期に生み出されたと言えるでしょう。「動向」展は、美術館がこうした目まぐるしく変貌する美術の状況と向き合い、若い世代のアーティストや鑑賞者との共感にもとづく実験場となるべく創始されました。美術館の建物を用いたその場限りのインスタレーションやハプニングなど、関係者の記憶や記録写真だけが頼りの作品も少なくありません。今回の展覧会では、293組の出品作家の中から、62組による主な出品作もしくは関連作、記録写真、展覧会に関するアーカイヴ資料を紹介しながら、1960年代当時の美術館とアーティストが切り結んだ美術の現場のスタートラインを検証します。

期間 2023年4月28日(金)~7月2日(日)
時間 10:00~18:00
企画展開催中の金曜日は~20:00まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)  
料金 一般1,200円(1,000円)、大学生500円(400円)
※( )内は20名以上の団体および夜間割引(金曜午後6時以降)
※高校生以下・18歳未満は無料*
※母子家庭・父子家庭の世帯員の方は無料*
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料*
*入館の際に証明できるものをご提示ください
開催場所 京都国立近代美術館
ホームページ https://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionarchive/2023/453.html
Facebook https://www.facebook.com/momak.go.jp/
お問い合わせ TEL:075-761-4111
休館日 月曜(祝日の場合翌火曜日)

スポンサー・PR

200422 みやこめっせバナー(w275h72)
2
3
4
5
6
6
6