施設・スポット

新型コロナウイルスの影響による施設の閉館等の状況につきましては、各施設ページ内の公式ホームページ等でご確認ください

条件で検索するSearch

カテゴリー
条件を指定する

岡崎エリアの天気

今日
現在の気温11.26℃
102件ありました

「全国水平社創立の地」

大正11(1922)年3月、京都市岡崎旧公会堂に差別からの解放を求める約3千人が全国から集まり、全国水平社創立大会が開催されました。大会では、「人の世に熱あれ、人間に光あれ」とする日本初の人権宣言とも称される全国水平社創立宣言が確認されました。
この石碑は、創立大会の開催地を示しており、水平社創立60周年を記念し、昭和57(1982)年に京都市が建立したものです

所在地 京都市左京区岡崎最勝寺町13
ロームシアター京都 敷地内(京都市美術館別館前)

京都市武道センター

京都市武道センター本館 京都市武道センターは、昭和62(1987)年に全面完成した、京都市のシンボル的な総合武道施設です。敷地内には、本館、旧武徳殿、弓道場及び相撲場があります。特に旧武徳殿は、平安遷都1100年記念事業の一環として明治32(1899)年に営造された我が国最古の演武場であり、高い歴史的価値を有しています(国の重要文化財(建造物))。

The Old House of the Kyoto Shugoshyoku or Military Governor of Kyoto (Kyoto Municipal Martial Arts Center) 

This is located on the south premises of the Kyoto Municipal Martial Arts Center or inside the parking lot of the buses. The old house of the Kyoto Shugoshyoku was relocated here.

開館時間 9:00〜21:00
料金 催しにより異なる
お問い合わせ TEL:075-751-1255 FAX:075-751-1755
ホームページ http://www.kyoto-sports.or.jp/facilities/
所在地 〒66-8323 京都市左京区聖護院円頓美町46-2
アクセス方法 市バス「熊野神社前」下車、東へ徒歩1分 または市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車北西へ徒歩3分

平安神宮

平安神宮の正門 応天門 平安神宮は、平安遷都1100年を記念して、明治28(1895)年に第50代桓武天皇を御祭神として創建されました。平安京大内裏の正庁を模した応天門、大極殿など美しい朱塗りの建築が特徴的です。神苑は約3万平方メートルの池泉(ちせん)回遊式庭園で、東、中、西、南の4苑にわかれ、四季折々の花を楽しむことができます(国の名勝に指定)。

開館時間 12/31・1/1~2/14 6:00~17:00※初詣期間はこちら※
2/15~3/14 6:00~17:30
3/15~9/30 6:00~18:00
10/1~10/31 6:00~17:30
※10/22は時代祭の為は12:00まで(順延の場合は23日)
11/1~12/30 6:00~17:00
休館日 無し
料金

参拝無料

神苑拝観料

  • 大人600円(30名以上550円、50名以上500円)
  • 小人300円(30名以上250円)

学校団体 高校生300円、中学生200円、小学生150円、園児30円

お問い合わせ TEL:075-761-0221  FAX:075-761-0225
ホームページ http://www.heianjingu.or.jp/index.html
所在地 〒606-8341 京都市左京区岡崎西天王町
アクセス方法 JR「京都駅」・阪急「河原町駅」下車すぐ
市バス5系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩10分
京阪鴨東線「三条駅」「神宮丸太町駅」下車徒歩15分

蹴上浄水場

日本最初の急速ろ過方式の浄水場として明治45年、京都市で初めて給水を開始。平成24年8月末には浄水施設の全面リニューアル工事が完成。場内に約4,600本あるつつじの名所としても有名です。

お問い合わせ TEL:075-771-3102
ホームページ http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/
所在地 京都市東山区粟田口華頂町3
アクセス方法 地下鉄東西線 蹴上駅2番出口すぐ
その他
注意事項など
毎年、ツツジの開花時期と合わせてゴールデンウィーク後半頃に開催する「蹴上浄水場一般公開」の時以外は、一般市民の方の入場はできません。

蹴上インクライン

蹴上インクラインは、蹴上舟溜から南禅寺舟溜までの斜面に舟を往復させるために敷設された傾斜鉄道のことで、明治23(1890)年1月に完成し、翌年12月から運転を開始しました。全長約582メートル、幅約22メートル、高低差約36メートル、勾配15分の1の斜面に、枕木と鉄製のレール4本が敷設され、その上にワイヤーロープでつながれた台車を載せ、巻上機と滑車を回転させることにより、台車が昇降する構造になっていました。昭和23(1948)年11月に運転が休止されましたが、当時をしのびインクラインを往来した台車と三十石船が復元されています。

Keage Incline

Keage Incline is an inclined railroad for carrying boats from Keage Funadamari to Nanzenji Funadamari. It was completed in January, 1890 and next year, in December 1891, it started to run. The tie and four ferrous rails were laid on the incline that was about 582 meters long, 22 meters wide, with 36 meters rise and one-fifteenth increment. A truck that was connected by wire ropes was put on this incline. The truck was lifted with a winding machine and pulleys. Keage incline was stopped in November 1948, but people missed it, and now, the truck and 30 boats that went along  the incline were restored.
(英文翻訳:京都府立大学欧米言語文化学科)

琵琶湖疏水

滋賀県大津市観音寺から琵琶湖の水を京都市内に引き入れるため、明治時代に建設された琵琶湖疏水。主として水力発電用としての「第1疏水(全長19,968m)、飲料水を供するための「第2疏水(全長7,423m)」から成り立っています。舟運、水力発電、上水道の建設など近代化に大きく寄与し、岡崎地域に多くの別荘や庭園が築かれる呼び水ともなりました。

Biwako Canal

Biwako canal is opened in Meiji era to draw water of Bika lake from Kannonji, Otsu-shi, Shiga into Kyoto city. This is composed of two canals, the one which is manly used for the hydroelectric power generation “No.1 canal (19,968 meters long)” and the other for drinking water “No.2 canal (7,423 meters long). It made a contribution to the modernization such as the ship transportation, hydroelectric power generation and waterworks, and therefore made an opportunity to invite much of vacation houses or garden to Okazaki district.
(英文翻訳:京都府立大学欧米言語文化学科)

お問い合わせ 京都市上下水道局水道部疏水事務所
TEL:075-761-3171
FAX:075-752-3083
ホームページ https://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000006469.html

スポンサー・PR

200422 みやこめっせバナー(w275h72)